2017年4月26日水曜日

雨で停滞…(^_-)

 朝から雨が降っていたのでリハビリ散歩をあきらめて
耳鼻科を受診(週に一度の定期通院)
その後、散髪に行きました。
シャンプーしてもらって税込み1900円です(*^ー゜)
午後から家でのんびり本を読んでいました。
登山をしていた頃、雨で山小屋にとどまることを
停滞」とか「沈殿」なんて言っていました(*´∀`*)

2017年4月25日火曜日

暖かさが増してきていますね

垣ありて乙女は住めり茱萸の花  三橋鷹女
(『現代日本文學全集91 現代俳句集』筑摩書房 昭和32年)

2017年4月24日月曜日

青空が広がって…

珍しくクマバチ(コシブトハナバチ科)が草に止まっていた。
母に「クマバチは体は大きいけど雄には針がなくて刺さないよ」と教えてあげると
それ以来、「可愛いな♡」と親しみをもつようになりました(^_^)b

2017年4月23日日曜日

2017年4月22日土曜日

二七日(ふたなのか)の法要

今日は、母の二七日(中陰)の法要です。
なんか早いような長かったような…
住職さんにお経をあげていただきました。

2017年4月21日金曜日

2017年4月20日木曜日

2017年4月19日水曜日

届けなど…

 4月17日(月)
朝一番に市役所に行って
母の死亡に関する種々の届けをしました。
 印鑑登録書、介護保険等の返却
国民年金機構への届けなどをしていると12時近くになりました。
不足している書類があるので明日、再度申請に来ます。
父はすぐに済ませたいようですが
86歳近くになる父のはやる気持ちを抑えて
明日にしようと妹と二人で話してお昼を食べに行くことにしました。

2017年4月16日日曜日

2017年4月14日金曜日

母の告別式

4月13日(木)
花が大好きだった母に春の花を飾ってもらいました。
母は派手なことが嫌いなので
家族と親族だけのささやかな告別式。
ただお坊さんの鳴らす鐘(磬子 けいす)の音に
母が目を覚ましてくれるのではと思ったほど…

4月5日~4月14日

母の闘病などを記録に残しておきます。
4月5日(水)
午後から様子がおかしいとの病院からの連絡。
40度の発熱があり、
導尿するとはじめは澄んでいたがお腹を押すとドロドロの尿が出てきたそうだ。
腎盂腎炎の可能性があり、肺炎も併発、敗血症の危険性あり。

口腔ケアプログラム

この本を手に入れたのが4月10日の午前中でした。
定期的に診ていただいているT先生の著書です。

2017年4月5日水曜日

2017年4月4日火曜日

暖かいというよりも暑さを感じるほど

こぶし
 コブシに辛夷の字を当てるのは誤用で、辛夷とは元来モクレンのことであるとは、故牧野富太郎博士の説である。
同じくモクレン科で、花の色が違うだけで、3枚の小さな萼片と6枚のおおきなへら型の花弁にかこまれた真ん中の軸上に、多数の雌しべと雄しべがつくという点では両者はよく似ている(花の白いハクモクレンは花被が9枚ある)。
葉が先太りであるところまで似ている。
ただコブシの葉の裏面は白っぽいが、モクレンは裏面の葉脈に沿って細かい毛が生えている。
野生の花木として、春一番早く咲く花の代表であり、最大級の花を咲かせるものの一つである。

(『四季の博物誌』荒垣秀雄編/朝日文庫1988年)

2017年4月3日月曜日

一気に春がやって来ました♪

 【万葉集の桃】
 桃は中国原産の果樹。
古く中国では邪気を祓う霊力があると信じられていた。
『古事記』には黄泉国から逃げてきたイザナギノミコトが、
境界の坂まで追いかけてきた軍勢に桃の実を投げつけて撃退するという神話が残されているが、
万葉集にはそのような歌はない。
巻十九の巻頭歌

  春の園 紅にほふ 桃の花 下照る道に 出で立つ娘子 (4139)

は、大伴家持作歌の中でも「越中秀吟」と評せられる一連の歌の代表的作品である。
この「桃」の表現については漢詩の受容を中心として芳賀紀雄が詳細に論じている(『万葉集における中国文学の受容』)。
「桃」を題材にした歌は万葉集に六首残るが、桃の花を詠んだものは家持作歌に二首残るだけである。


2017年4月2日日曜日

日向は暖かいのだけど…

春の園(その) 
(くれなゐ)にほふ 
桃の花
下照
(したで)る道に
(い)で立つ娘子(をとめ)
  巻十九・4139 大伴家持(おおとものやかもち)

2017年4月1日土曜日

もう卯月(四月)ですね…

巻第十九 4140 大伴家持
わが園の李(すもも)の花か庭に降(ふ)るはだれのいまだ残りたるかも

2017年3月31日金曜日

面談・心臓リハビリ・食事介助

今日は、午前11時から主治医の先生の面談があって
母の病状について説明を受けました。

2017年3月30日木曜日

2017年3月28日火曜日

春らしくなってきた♪

 江戸時代に作られたお花見の名所でも植栽された桜の多くはヤマザクラであり、
平安時代から江戸時代までおよそ千年にわたってお花見の対象はヤマザクラであったといえるだろう。
ヤマザクラは大きく成長する樹木であるが、成長に時間がかかるので、
お花見の対象として植えられた桜はあまり大きくなかったと思われる。

(『』)
イロハモミジ?の雄花
何か考えごとをしているのかな(*゜∀゜*)
小鳥来てつくばひ渡るしづけさよ  石塚友二

(『図説俳句大歳時記 秋』角川書店 昭和39年)
(つくばい:茶室の入口などに低く作ってある手水鉢(のある所)
メジロの仕草を見ていると「しづけさよ」とは言えないな(^▽^)
ヌーッと藪の中から顔を出したのは

アオジ♂はいつもと手水の様子が違うので不思議がっているみたい…
垂れ桜がソメイヨシノよりも早く咲きだしました♪

メジロはアンズの蜜を舐めていますが…
ヒヨドリは咲きだした桜を食べてしまっている…
コゲラが木をつつくのは
木に穴をあけて虫を食べるためです。
コツコトと軽く叩いて,どこに空洞があるのかを探しあてます。
空洞があれば,そこにカミキリムシの幼虫などがいる確率が高いわけですから,
今度は連続で叩いて穴をあけて,虫にまでたどり着きます。

(『身近な鳥の生活図鑑』)
日向ぼっこしているとポカポカしてきます(o^^o)
ムラサキシジミ
まだ寒いこの時期に翅を広げてくれることが多いです(^-^)

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

今日は、午後からST(言語・聴覚療法士)のAさんが
昼食の食事指導をして下さっている様子を見せていただきました。
食事介助をするときのポイントや口腔衛生について教えていただきました。
母も頑張ってくれていつもより多く食べてくれましたp(^-^)q

夕食の介助に再び病院に行くと、熱が38度を越えていて辛そうでしたので
水分ゼリーやタンパクゼリーなど食べやすい物で終わりました。
他にも心配なることもありましたが、主治医の先生が診に来て下さっていて
明日、CT検査をして下さるようようです。

2017年3月27日月曜日

開花情報はまだですが(^-^)

雨は止んでくれましたが、冬に戻ったような寒さ…
福井県の鳥浜(とりはま)貝塚からは、約5500年前の朱漆塗りの『飾櫛(かざりぐし)』が出土した。
そして、その朱漆の『飾櫛』こそ、椿でできていたのだ。

(『森の博物館』稲本正/小学館 1995年)
ヒヨドリ スズメ目ヒヨドリ科
 姿は地味だが、「ピィ!ピィ!」という甲高い鳴き声はよく聞こえる。
街中の公園でも大きな木が数本あれば飛んで来る。
気性は激しく、餌場に集まるスズメや同じくらいの大きさのツグミまでも追い払うことがあり、他の鳥と仲良く餌をついばむことは少ない。
 年中見られる鳥だが、かつては夏になると北方や山地に移動して繁殖していた。
しかし、東京などでは移動しない個体も多くなった。
そのため、街中では秋になると山から帰ってくる個体が加わり急にヒヨドリの数が増える。

(『野鳥 しぐさでわかる身近な野鳥』
    久保田修/構成 藤田和生/絵 学研 2006年)
モズ
 山家集 上 春 99
   せか院の花盛りなりける頃、としたかのもとよりいひ送られける
おのづから 来る人あらば もろともに ながめまほしき 山桜かな

ひょっとして誰かたずねて来る人があったら、この清和院の桜の花盛りと山桜の花盛りとを、ご一緒に眺めたいものであります。
◇おのづから 「おのづから来る人あらば」と仮定の形で述べながら、西行に対して来てほしい旨を伝える。
◇もろともに 清和院の桜と山桜(東山辺の桜か)を「もろともに」の意を含むか。
(『山家集』)
次回「角田光代とトト」は3月30日(木)午後10時からです(^。^)
土筆物言はずすんすんとのびたり

・すん「すん」は踊り字
(『漱石全集第二十三巻』新書判 岩波書店 1957年)
キセキレイに久しぶりに会えたけど…
 今日は、木瓜の花で出会った(^。^)
シダレザクラが咲き出した♪
 開花情報はまだのようですが、咲いていました♪
18世紀始めに日本のツバキがヨーロッパに渡り、「日本のバラ」とよばれ、
フランスの作家アレクサンドル・デュマ・フィスは1948年に小説「椿姫(La Dame aux Camellias)」を発表、
これをもとにしたイタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「椿姫」は有名です。

茶の湯の主役は「日本のバラ」」(国立歴史民俗博物館)
  蓮華草(げんげ)つも 花摘も
  ことしのげんげは
  よう咲いた
  耳に巻いてすっぽんぽん
  もう一つ巻いてすっぽんぽん
  (大阪)

 子どもたちは、その蓮華草の花で、首飾りをつくっている。
花たばもつくっている。
その蓮華草の花を摘むときに、うれしさのあまり、こんなわらべ唄をうたうのである。
この唄は、「つばな摘もう、つばな摘もう、今年のげんげはよう咲いた」(狂言・筍盗人)と出ているほどに、相当に古い歴史をもっている唄である。
花を一つ摘んでは、耳のへんでくるくる回す。
が、この「耳」は「身々」であって、蓮華草の花輪を、からだいっぱいに巻きつけて踊ろうというのが、本当の意味のようである。
「すっぽんぽん」も、仕舞の鼓の音を示している。
なにわの子どもらしい風流なわらべ唄である。
(『わらべうた 子どもの遊びと文化』相馬大 創元社 1976年)
モズ♀

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

夕食の介助に父と妹の三人で出かけました。
やはり姪のようにじょうずに出来ませんが(^0^;)
そんなことは言ってられませんので
母の様子をみながら食事の介助をしましたp(^-^)q

食事の後、ソメイヨシノや垂れ桜の写真を見せながら
咲いていた場所を思い出してもらいました(^-^)