2016年4月30日土曜日

次第しだいに…(;゜ロ゜)

 竹の子の育ちから見む四十四節(しじふしふし)

○四十四節 大竹になる予測。
節の数は,筍において決定しているという(上田弘一郞『竹と日本人』)
(『井月句集』)
 巻第二 133  柿本朝臣人麿(かきのもとのあそみひとまろ)
小竹(ささ)の葉はみ山もさやに乱(さや)げどもわれは妹思ふ別れ来(き)ぬれ

小竹の葉は山路にみちてざわざわと風に鳴っているが,私の心は一途に妻を思う。
今や別れて来たので。
(『万葉集(一)』)
枯葉を持ち上げているというよりも貫いていました…
ミズキ(ミズキ科)
今日で4月も終わり…

ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟
(『与謝野晶子歌集』)
生きて居るばかりぞ我とけしの花
(『新訂 一茶俳句集』)
ハナショウブだと思うけど,いつも悩みます(^^ゞ
アオサギが緊張感をみなぎらせていましたp(^-^)q




満足そうな顔(*^ー゜)
アオモンイトトンボの若い雌かな(・・?
ちょっと翅が心配…
アオモンイトトンボですが…雄か同色型の雌かは(・・?

羽化してまもないようで,止まり方がどこかドタバタしていた(*゜∀゜*)
来た時は,ちょっと寒いなと思ったけど
歩いていると汗が出そうになりました(^0^;)
 ナナホシテントウが日向ぼっこで居眠りしているみたいでした(*´∀`*)
ふと見上げるとまだ…(*^▽^*)
今朝は,雲がない青空でツバメが空高く飛んでいました。
淡紅色のハルジオン
 山家集 中 恋 598
花を見る 心はよそに 隔たりて 身につきたるは 君がおもかげ

桜をめでる心はわが身から抜け出て,どこか別の所へ行ってしまい,
その代りに自分の身についているのは,
恋しい人のおもかげだけである。
(『山家集』)

ムラサキシジミと思っていましたが…
ムラサキツバメの可能性も…
 アゲハの体は花粉がいっぱい(*^-^*)
ツツジの花に潜り込んだ時についているのですね(*^▽^*)
 サーカスに出て来るような…

ちりて後(のち)おもかげにたつぼたん哉
(『蕪村俳句集』)