2016年4月12日火曜日

青空だけど風が冷たい…

目があった(*゜∀゜*)
   春 上 140
山桜 枝きる風の 名残りなく 花をさながら わがものにする

山桜の枝をさっと強く吹き過ぎる風が残す残す所なく花を散らし,
わがもの顔に吹くことである。
(『山家集』)
冷たい風が吹いていました…
カロライナジャスミンかな(・・?
ならば有毒な植物ですので気をつけないと…
キョウチクトウなど有毒な植物は多いですよ!

灯火がともっているみたい(*^-^*)


いざゝらば死(しに)ゲイコせん花の陰(かげ)

死ゲイコ―死稽古。山家集,西行
「願はくは花の下にて春死なむその如月のもちづきのころ」を踏まえる。
(『新訂 一茶俳句集』)
とぼけた表情に見えた(*^ー゜)

 一日に一食をとり籠り居ると春の朝日が射し込んで来た
(『もしもし山崎放代ですが』)

世の中の花を袂(たもと)にこき入れて立ち帰るらむ白雲の山  
(『良寛歌集』東郷豊治/創元社 昭和38年)
今朝の「佐渡 阿弥陀堂だより 人々をつなぐ種まき桜」(動画)
3分ほどの番組ですが,温かい気持になります(*^O^*)/
花のように見えたけどハルニレの翼果
突き抜けている…
 枯れてしまっているのかなと思ったけど
葉を見るとニセアカシアかな(・・?
ヤツデが両手で何か受けとろうとしているような…

アオジ♂と目があったかな…
考えごと…

「どうも怪しい奴がいる」
睨まれました(*´∀`*)
 ジーッとしてくれない…(@@;)

朝ご飯を見つけても自分が食べるのではないようです…

子育てに忙しいのかな…
もう一つのブログにエナガの子育てなどを
絵本の解説から紹介します。
スモモの花がまだ咲いていました(*^-^*)
記事のネタを探しに公民館の図書室に行く途中で見つけました。

 アリアケスミレ
 西日本に多いスミレである。
花色が独特で,白地に紫の筋が入る。
シロスミレにも似るが,葉が手前に垂れる点で,
葉が全体に直立するシロスミレと容易に見分けられる。
本州から九州にかけて分布。

(『スキマの植物図鑑』)

同じように下を向いていても
歩きスマホをしている人は,気がつかないだろうな(*^▽^*)