2016年2月29日月曜日

雷まで鳴りだしたら…

墨染(すみぞ)めの
我が衣手(ころもで)のひろくありせば
世の中の貧しき人を
(おお)はましものを
(『良寛さんの うた』)
カルガモのつがいが仲よく散歩をしていました(*^-^*)
でも,子育ての時期は,雄はどこかに行ってしまって
シングルマザーが頑張っているp(^-^)q
江戸時代の子育ては父親の責任でした。
今でこそイクメンなんて言葉がありますが,
男が子育てに関わらなくなったのは明治になってからだと思います。
ほんの一瞬だけ出会ったモズ♀
 シジュウカラ〔四十雀〕スズメ目・シジュウカラ科
 東京都心の住宅地などでも,さかんに〝ツツピー,ツツピー〟とか
〝ツツピン,ツツピン〟とくり返しさえずるこの鳥を見聞きすることができる。
 都市化された地域では,
森林や草原などを好んですみ場所とする鳥はいち早く姿を消す中で,
新しい環境に比較的順応し,都市の住宅街などにも残る鳥であり,
ひとまず都市的鳥類の一員に加えられている。
 背中は灰色がかった青色で,腹は白く,
頭から顔は黒色で頬の辺に白い大きな斑がある。
また,のどから腹にかけては黒いネクタイのような縦斑があり,
目立つ特徴になっている。

 カラ類の中では,私たちになじみのもっともふつうの小鳥で,
夏はつがいの生活をしてなわばりをもち,繁殖期をすぎた秋冬には,
家族群,あるいは数家族合同の大小の群れをつくって生活するといった,
鳥の中でも,その一年の生活がよくわっている種類でもある。

(『都市のバードウォッチング・バイブル』
     千羽晋示・柳沢紀夫著 朝日出版 1981年)
ピントが合っていませんが(^^ゞ
頭をポリポリ(「翼ごし頭かき」)(*^▽^*)
ヤマガラ〔山雀〕スズメ目・シジュウカラ科
 〝ツーツーピー,ツーツーピー〟とシジュウカラのように口早でなく,
ゆっくりと鳴くのが特徴である。
 頭は黒く,白い部分があり,顔は白,背から腹などが茶,栗毛色,
目はぱっちりとした愛らしい鳥である。

 〝ヤマガラの宙返り〟と〝鐘つき,御幣かつぎ,水汲み〟などといった,
かつては,大道芸のひとつとして人気のあったこの鳥は,
物ごとをおぼえることも早く,賢い,動作のす早いことで知られている。

 エゴの木の実のように堅い実を好み,
両足の間に巧みにはさみ,くちばしで根気よくつつき割って食べるほか,
木の実をほらなどに貯めておく〝貯食〟のくせがあり,
それは冬の餌のない時に食べるためなどとも言われている。

常緑広葉樹の林を好んですみ場所とするが,ほかのカラ類ほど多くない。
 東京では西方地域にふつうにすんでいるが,
都心でも明治神宮の林では繁殖しており,
冬になると公園や緑地にもしばしば飛来するのが見られる。

 (『都市のバードウォッチング・バイブル』)
朝ご飯を探しに降りてきました(*^-^*)
 鳥は5本でなく,4本指です。
1本(ときには2本が)後ろ向きについています。
小指に相当する指はありません。
ミュビゲラというキツツキは3本しか指を持ちません。
あの大きいダチョウの指はたった2本です。

(『鳥についての300の質問』A&H・クリュックシァンク著
 青柳昌宏訳 講談社ブルバックス 昭和57年)
 ヤマガラの指は前に3本,後ろに1本です。
鉄製の手すりでも人間の目にはツルツルしていても
凹凸があるのでしょうね…
不機嫌そうな顔に見えますが(*゜∀゜*)
この角度ではかわいいですね(*^_^*)
巻第三(譬喩歌) 400
   大伴宿祢駿河麻呂(おほともすくねするがまろ)の梅の歌一首
梅の花咲きて散りぬと人は言へど我が標結(しめゆ)ひし枝ならめやも

梅の花が咲いて散ったと人は言うけれでも,
私が印を付けたあの枝のはずがあろうか。
▽花が散ったとは,女性が他の男と結婚したことを譬えて言う。
(『万葉集(一)』)
来たときは雨が降っていなかったのですが…

降ったり止んだりとなり…
ドシャ降りになったので休憩所(東屋?)に避難していると雷が一発
光ったと同時に大きな音が聞こえたので近かったようです…
予想よりも早く雨が本降りになったので帰ることにしました。

2016年2月28日日曜日

暖かくなるのは嬉しいけど…

ツグミ スズメ目ヒタキ科,全長24cm
 シベリアで繁殖し,10月ごろ日本に渡ってくる冬鳥です。
渡ってきたころは山地で生活することが多いようですが,
冬が深まってくると平地に降りてきます。
 赤褐色の背,白いまゆ,胸の黒い帯が特徴です。
冬の間は「クイクイ」と2声ずつ鳴いたり,「シィー」と鋭く鳴きます。
春,渡り去る前には美しい声で
「キョロローンツィーキョロローン」とさえずり声を聞かせてくれます。

(『自然観察12ヵ月』)
「だるまさんがころんだ」(*^▽^*)
 春,秋の渡りのシーズンは群れで生活していますが,
冬の間は1羽ずつ別べつに生活し,
他のツグミが近づくと,追い払ったりすることもあるます。
 落葉をひっくり返したり,
地上をツツツと走りながら獲物をさがしたりもします。
庭や公園のピラカンサの実を食べたり,
熟したカキの実も食べたりします。

(『自然観察12ヵ月』)
 巻第七(譬喩歌) 1262
あしひきの山椿(やまつばき)咲く八(や)つ峰(を)越え鹿(しし)待つ君が斎(いは)ひ妻かも

(あしひきの)山椿の咲く峰々を越えて,鹿を待つあなたのご無事を祈る妻なのです。
▽「八つ峰」は多くの峰。
「斎ひ妻」は,狩人の夫の安全を祈って潔斎している妻。その妻の歌。
(『万葉集(二)』)
ヒメオドリコソウ シソ科
道端や畑に群れをなして咲いている様子は
見るからに外来の植物のイメージにぴったりです。
どことなくユーモラスなその姿が一面に
広がっているのを見るとおかしな気分になってきます。
草丈は20センチぐらいで,
明治の半ば頃に帰化したヨーロッパ原産の植物です。

(『花のおもしろフィールド図鑑(春)』)
 ホトケノザ シソ科
春早い頃,畑や道端に一面にピンク色に
広がっているのはとてもきれいです。
半円形の葉が向かい合ってつくさまは本当に
「仏の座(仏像の台座のことです)」そっくりに見えませんか?
名の由来になったのもうなずけます。
1つ1つの花もよく見るとヘビのおもちゃが
口を開けているようでかわいらしいものです。

(『花のおもしろフィールド図鑑(春)』)
寝坊な子は(*^ー゜)

オオイヌノフグリ ゴマノハグサ科
冬枯れの頃,花など一つもないように見えるのに,
ふと日溜まりに目をやると,
この小さな花が咲きだしているのを見つけることがあります。
そんな時,春の気配を感じてとても嬉しくなります。
1つ1つの花は地味なのですが,
地面に一面に咲き広がるさまは,
まるで青い星を敷きつめたようで,とてもきれいです。
ユーラシア,アフリカ原産の帰化植物です。

(『花のおもしろフィールド図鑑(春)』)
ピントを合わせる前に飛んで行った(T^T)…モズ♀
この子もそばへ寄ることができなかったアオジ♀
メジロが空を見あげています
カワラヒワも空を見あげてもの思いに耽っている(*^ー゜)
今朝,車に乗ろうとしたら昨日の雨の跡(土埃?)がついていました。
花粉もかなり飛散していて,これから黄砂やPM2.5などで
マスクをするのだけど眼鏡が曇り,息苦しいので
ついつい外してしまうことが多いです(;´Д`)
 ハシボソガラスが見上げている…
「ヨッコラショ!」
子育て中のハシボソガラスとハシブトガラスの性格の違いについて

 たまに,カラスに襲われたという話がありますが,
襲ったカラスは,まず間違いなくハシブトガラスです。
ブトは,巣のそばを通った人や,巣のそばに長時間いる人に対して,
卵やヒナを守るために果敢に攻撃するのです。
対してハシボソガラスは,巣のそばに人が来ても,黙っています。
ブトのほうが気性が荒くて短気なたまなのか,あるいはボソが賢くて,
無駄な行動はしないためなのかはわかりませんけれど。

(『身近な鳥の生活図鑑』)
巻第一 春歌上 45
   家にありける梅の花の散りけるをよめる  紀貫之
くるとあくと目かれぬものを梅の花いつの人まにうつろひぬらむ

日が暮れても夜が明けても目を離さずに見ていたものなのに,
梅の花は,いったいいつ人が見ていない間に散ってしまったのであろうか。
(『新版 古今和歌集』)
「枯葉の中に潜んでいるのはいないかな!」
茂みの中から出て来てくれないかな…



ただ木に止まっていたのではなくて
樹液を舐めていました(*^-^*)

ウグイスの動きが速くて追いつけません…
 ウグイスの歌ではなくてホトトギスの歌ですが

 巻第九(雑歌)1755
 霍公鳥(ほととぎす)を詠みし一首
うぐひすの 卵(かひご)の中に ほととぎす ひとり生れて 
 (な)が父に 似ては鳴かず 己(な)が母に 似ては鳴かず
 卯の花の 咲きたる野辺(のへ)ゆ 飛び翔(かけ)り 来鳴(きな)きとよもし
 (たちばな)の 花を居(ゐ)散らし ひねもすに 鳴けど聞きよし
 (まひ)はせむ 遠くな行きそ 我がやどの 花橘(はなたちばな)に 住み渡れ鳥

鴬の卵の中に,ホトトギスは一人生れて,お前の父である鴬に似ては鳴かず,
お前の母である鴬に似ては鳴かない。
卯の花の咲いている野辺を飛び翔り,来ては鳴き響かせ,
橘にとまって花を散らし,一日じゅう鳴いているが,声を聞くのはよいものだ。
贈り物をしよう。
遠くへ行くな。
私の家の花橘に住みついていなさい,この鳥よ。
(『万葉集(三)』 

ホトトギスかツツドリか分からなかったのですが,一度,出会ったことがあります。
このように万葉の時代の人が
すでに托卵について知っていたということに驚きます。
万葉集は当時の人々の自然観察の目のすごさを教えてくれるp(^-^)q
途中で,一枚脱ぎました(^0^;)
エナガに会えました♪
逆光でピントが分からなかったのですが…
そうでなくともピントが甘い(^^ゞ

ジョウビタキ♂に再会(*^-^*)

キュウリグサ ムラサキ科
葉や茎をもむとキュウリのにおいがすることからこの名がつきました。
嘘のようなホントの話です。
ただ青臭いだけなのですが,キュウリだと思ってにおいをかいでみると,
本当にそんな気になるのが不思議です。
このキュウリグサはか細く目立たない花です。
花はとても小さく,2ミリぐらいしかありません。
しかし,薄い色の上品で美しいブルーですので,ぜひよく見ることをお勧めします。

(『おもしろ花のフィールド図鑑(春)』)