2016年1月15日金曜日

鳥たちの食事風景(*^-^*)

 巻第十一(寄物陳思) 2692
夕凝(ゆふこ)りの霜置きにけり朝戸出(あさとで)にいたくし踏みて人に知らゆな

夕べから凍った霜が置いている。
朝戸を開けて出て行く時に,強く踏みつけて,人に知られないようになさい。
▽「夕凝りの霜」は,万葉集にここだけ。
(『万葉集(三)』)
くれなゐの小き杯(さかづき)たまはれば椿の花のここちして取る
(『与謝野晶子歌集』)
クッキリとした青空に
よびかけられてふりかへつた落葉林
(『山頭火著作集Ⅳ 草木塔』潮文社 昭和46年)
ジョウビタキ♀はすぐに…
 [欠題詩群(一)]

くる日も
くる日もあたらしくあれ
だが
たんじゆんなることの
たえざるくりかへし
みじかきことばの
にちにちのくりかへしをおそれるな

(『八木重吉全詩集1』)
たいせつな一日である起き出して外の空気をはりたおす
(『青じその花』)
メジロがパクッと食べた実は…
ヌルデの実は,野鳥たちに人気があるようです。


ヌルデの実をなめてみよう」という記事がありました(*^▽^*)
イカルに今日も会えました♪
イカルの朝ご飯は
振り返ったキジバトと目があった…(*^▽^*)
カワラヒワの朝ご飯は…

アオジは何を食べようかと思案中かな(・・?