2016年1月31日日曜日

手袋も脱いで…

シジュウカラ♀が歌っているのではなくて
食事中です(*^-^*)
アオジ♀に会えました(*^_^*)
   夢

ごはんを食べそこなって
目が覚めたり
靴が片一方見つからなくて
目が覚めたり
年をとっても一向に
夢は成長しない

(『詩集 詩国』)
 ツグミとシロハラが並んで水を飲んでいました。
多くの鳥は,くちばしを水につけても,そのままでは飲めません。
水を下くちばしの上に載せて,それを舌で吸い上げるか,
あるいは,水を下くちばしの上に載せて,頭を上げて,喉に流し込みます。
つまり,「そろっと掬(すく)って,ごくりと飲む」ことを何度か繰り返します。
いわば,小さじを用いたスプーン方式といえます。
 
(『身近な鳥の生活図鑑』)
メジロが忙しそうでした!
厳しい顔をしているのは…
隅から隅まで…
徹底的に害虫を探していますp(^-^)q
今朝は雲がない…
そんな青空の下で(*^ー゜)
  雄から雌へのプレゼントをすることは,多くの種類でみられます。
これを「求愛給餌」といいます。
 身近な鳥では,街中で見られるハシブトガラスが求愛給餌をします。
2月のバレンタインデーの頃になると,
ビルの屋上などで仲良く2羽で寄り添っているカラスをよく見かけます。
カップルになったカラスです。
この時期はちょうどカラスの繁殖期のはじまった頃で,愛を育むとき。
2羽はお互いで羽づくろいをしたり,
ときどき雄が口移しで雌に食べ物をプレゼントします。
そのいちゃいちゃぶりは,直視できないくらいの濃厚さです。
 カラスのほかにも,カワセミやコアジサシは,魚を捕ってきて雌に与えます。
おもしろいのは,たまに雄がはりきって(?),
飲み込めないほどの巨大な魚を捕ってくることがあります。
そんなとき雌は「いりません」とは言えないのか,
ただ食い意地が張っているだけなのかわかりませんが,目を白黒させて魚を飲みます。
 ちなみに,鳥は気管の入り口がのどの手前の方にあるので,
大きな食べ物を飲み込んでも窒息しないので心配の必要はありません。

(『ポケット図解 鳥の雑学がよ~くわかる本』)
冬の時期,可愛い子がいっぱいいますよ(*^-^*)
イチョウの冬芽(ふゆめ)です。

冬芽半球形で,正面から見える芽鱗は5枚程度。
葉痕半円形。維管束痕は2個で,これが見分けの決め手。
(維管束痕2個は他の樹木では例を見ない)
短枝(たんし)の葉痕は輪生状(りんせいじょう)に並ぶ。
短枝はほぼ直角に出る。

(『冬芽ハンドブック』)
ツグミが日向ぼっこ(*^-^*)
一度,咲いた後に寒波がやって来て後に続かなかったのですが…
今朝は河津桜がポツンと咲いていました(*^_^*)
    梢

梢をみあげて
いつまでも立ってゐるのは
誰れに話してもさびしいからだ

(『八木重吉全詩集2』)
   夜景

あの浮浪人の寝様ときたら

まるで地球に抱きついて ゐるかのやうだとおもつたら

僕の足首が痛み出した

みると,地球がぶらさがつてゐる
(『山之口貘全集 第一巻 全詩集』思潮社 1975年)
歩いているうちに暑くなり,ベストを脱ぎました。
そして手袋までも脱ぎました。
暖かいからでしょうねクロヒラタアブがいました。

2016年1月30日土曜日

冷たい風が吹いているけど…

雨は止んだけど風が冷たくて
空が暗いです…
カワラヒワが群れています。
足を揃えて
行儀よく食事中(*^▽^*)
何か考え事?シジュウカラ♂
飛んでいったのはシジュウカラ
 ジョウビタキ♂が考え事(・・?
アオジ♂も考え事('-'*)
人声なつかしがる猫とをり

猫もいっしょに欠伸するのか
(『あの山越えて 山頭火行乞記』大山澄太編 潮文社新書 昭和44年)
 裸木深くナイフ刺したり失いしひとつの言葉埋めんとして
(『岸上大作全集』思潮社 1980年)
身近な鳥の生活図鑑』に

このハクセキレイ,以前は町の鳥ではありませんでした。
都市の鳥としては新参者の部類に入ります。
ハクセキレイはもともと北海道や北東北の沿岸で繁殖していました。
それより南には,冬の間にやってきて,
また春になると北へ帰っていく鳥でした。
しかし,1950年ごろから次第に南へと進出をはじめ,
さらに,沿岸から内陸部へと進出してきたのです。
現在は,日本の都市のどこに行っても見られます。
都市の鳥の代表選手となっています。


続いて「これは驚くべきことです。」と書かれています。
何が「驚くべきこと」なんでしょうか(^_-)
機会があれば転記しますが我慢できない人は本を読んでください(*^ー゜)
なんか空を見あげているような('-'*)

   自己紹介

ここに寄り集つた諸氏よ
先ほどから諸氏の位置に就て考へてゐるうちに
考へてゐる僕の姿に僕は気がついたのであります


僕ですか?
これはまことに自惚れるやうですが
びんぼうなのであります。

(『山之口貘全集 第一巻 全詩集』思潮社 1975年)
高い木の上で,暗い空なので…
初めに会った子に再会できました(*^-^*)

さっきの子かな(・・?
 風が強いのでセットが乱れている(*^▽^*)
モズ
探し物(*゜∀゜*)
冬は餌が少ないので雌雄でも縄張りの中に入るのを許しません。
スタッフの方と
「風が冷たいけど,この前の寒さを経験すると
寒さがましに感じますね」と話していました(*^-^*)

2016年1月29日金曜日

咲くやこの花館

今朝は冷たい雨と風が…
こんな日は,足場が悪くて危険だろうな…
こんな厳しい条件の中でも働いてくれる人が私たちの生活を支えているp(^-^)q
咲くやこの花館」のスタッフも雨の中,作業に出かけていましたp(^-^)q
蘭のかや異国(いこく)のやうに三ヶの月

蘭のか―蘭の香。
異国―中国を指す。
中国絵画では梅・菊・蘭・竹を四君子といって珍重した。
(『一茶俳句集』)


恋するや遠き国をば思へるやこのたそがれの睡蓮の花
(『与謝野晶子歌集』)




ハイビスカスを見ると沖縄を思う
高校生の時に釘付けになったのが(*^_^*)
南沙織さんの「十七才」♪
吉田拓郎さん「シンシア」が歌ってくれたときは嬉しかったな…
ガラッと雰囲気が変わるけど(*^ー゜)
Kazeの敬愛する詩人

    島

おねすとじょんだの
みさいるだのが
そこに寄って
宙に口を向けているのだ
極東に不安のつづいている限りを
そうしているのだ
とその飼い主は云うのだが
島はそれでどこもかしこも
金網の塀で区切られているのだ
人は鼻づらを金網にこすり
右に避けては
左に避け
金網に沿うて行っては
金網に沿って帰るのだ

(『山之口貘全集 第一巻 全詩集』思潮社 1975年)

おねすとじょん―オネスト・ジョン
アンドロキンビウム・キリオラツム
南アフリカ原産 ユリ科
ボディービルダー向き植物?
○ブルビネ・ナタレンシス
ツルボラン科(旧:ユリ科)

南アに分布する球根植物です。
黄色の花を沢山つける一見何の変哲もない植物です。
ブルビネ(属)は約160種類がアフリカ(エチオピア~南ア),
オーストラリアに分布しています。
その中で,本種の抽出物は男性の筋肉を増強する成分が
含まれていることがラットによる試験でわかりました。
安価に入手できる男性ホルモン増強物として販売されています。

ドラセナ・ドラコ
(めすの竜)・(竜)
両方とも竜の名がついてるのは世界でこれのみ


リュウケツジュ(竜血樹)
ドラセナ・ドラコ(Dracaen draco)
クサスギカズラ科(旧リュウゼツラン科)
ドラセナ・ドラコなどの樹液から「竜血」がとれる
「竜血樹」の樹皮を傷つけると滲みだしてくる,
血のような色をした樹液を集め,乾燥させてドロップ状にしたものを「竜血」と呼び,
アラビア,インド,ギリシアなどの商人の手によって各地に流通してきました。
見た目にも赤褐色,まさに血のような赤いルビーのようで「竜に血」や「血の宝石」とも呼ばれ,
いつの頃からか「竜血」とよばれるようになりまいした。
「竜血」の採取できる近縁種ドラセナ・キナバリ(Dracaena cinnabari)も竜血樹と呼ばれます。
ソコトラ島のキノコ様な姿の古い株が圧巻です。
様々な用途に使われ,鎮痛効果や止血のための薬品としても使用されたほか,
家具,バイオリンなどの製作では,仕上げ用のワニスに赤みを加えるために使われたりします。

綺麗に咲いていたのは上の方だったので…(^^ゞ
スタッフのTwitterをご覧ください(*^O^*)/
 フニーバオバブとそっくりな花
プセウドボンバックス
(シュードボンバックス)
原産地:メキシコ~グアテマラ アオイ科

花の形から,英名は「シェービング・ブラシ・ツリー」といいます。
乾期に葉を落とし,花は葉が出る前に咲きます。
マダガスカルに咲くフニーバオバブとそっくりな花を咲かせます。
華やかなフニーバオバブとシンプルな美しさの本種との対比が面白いですね。
レブンコザクラ(サクラソウ科 日本北部(北海道))
恋の花?
クロユリ
原産地:日本~北アメリカ北部 ユリ科
クロユリには,多くの伝説があります。
そのうちの1つに「愛する人へ,そっと贈ったクロユリを相手の人が手にとれば,
二人はきっと結ばれる」というアイヌの伝説があります。
しかしながら,花は悪臭を放つので,相手の人が匂いを嗅いでしまうと,
千年の恋を覚めてしまうかもしれませんね。


 シクラメン・コウム
サクラソウ科 ヨーロッパ南東部
スタッフの方が声をかけてくださった。
白いケシは初めてだな…
メコノプシス(青いケシの仲間)
ケシ科 主にヒマラヤ,チベット,雲南,四川
一年中咲かせる青いケシ
現在78種にメコノプシスがリスト化されていますが,
よく栽培されているのはベトニキフォリアやグランディスの系統や交配品種です。
当館ではその他にも新種や名前が発表されていない雲南産などを種子から栽培しています。
また冷凍庫,ファイトトロンを使用して一年中花を咲かすようにしています。

エロディウム・バリアビレ(フウロソウ科)
アクレギア・カナデンシス(和名:カナダオダマキ)
キンポウゲ科 北アメリカ
ドデカテオン・ミーディア
サクラソウ科 北アメリカ西部
ネオバケリア・アングスティフォリア ユリ科
ゲンチアナ・アコーリス(チャボリンドウ)
リンドウ科 ヨーロッパ(アルプス,ピレネー山脈)
(転記間違いがあると思いますので,ぜひ,
咲くやこの花館で美しい花を楽しんでください(*^O^*)/)