2015年11月21日土曜日

暖かさに誘われたのかな…

最初に出会ったのがツマグロヒョウモン♂(タテハチョウ科
ピントを合わせる暇もなく飛んで行ったムラサキシジミ
今日は午後から来たこともあって
暖かかったです…

もの言へば声みな透る秋日ざしわれの怒りもはかなくなりぬ
(『中城ふみ子歌集』)
かのことは夢まぼろしか秋の蝶
(『鈴木真砂女全句集』)
キリ(ゴマノハグサ科)
母の言葉風が運びて来るに似て桐の葉ひとつひとつを翻(かえ)
(『岸上大作全集』思潮社1980年)
ハクセキレイ
枯れ枝ではありませんが(^_-)

かれ朶(えだ)に烏とまりけり秋の暮
(『袖珍版 芭蕉全句』)
 たゝずめば落ちてきた葉
(『あの山越えて 山頭火行乞記』大山澄太編 潮文社新書 昭和44年)
帰るのはそこ晩秋の大きな木
(『俳句のユーモア』)


巻第八(秋の雑歌) 1512
   大津皇子(おほつみこ)の御歌(みうた)一首
(たて)もなく緯(ぬき)も定めず娘子(をとめ)らが織るもみち葉に霜な降りそね

縦糸もなく横糸も決めないで娘子たちが織る黄葉の錦に,霜は降ってくれるな。
(『万葉集(二)』)
最後の山歩きは二上山でした…
二上山には大津皇子の墓と殯宮と言われている「鳥谷口(とりたにぐち)古墳」があります。
 (なく)猫に赤ン目をして手まり哉
(『一茶俳句集』)


まだ咲いていた…
ムラサキノマイ(別名:オキザリス カタバミ科)
ふと思ふ
ふるさとにゐて日毎聴きし雀の鳴くを

三年(みとせ)聴かざり
(『日本の詩歌5石川啄木』)
シジュウカラ
ヒヨドリ
この場所は身障者用スペース…
でも,ほとんどが健常者の車…
ここは,フリーマーケットの会場に一番近い場所。
向こうむきに停めている車は
後部のドアーから荷物を取り出して運んでいるのだろうな…
出店者の多くが,決められた場所に駐車して荷物を運んでいるのに…