2015年10月8日木曜日

寒露

メリケンムグラ(アカネ科)に露
朝露しつとり行きたい方へ行く
(『山頭火句集』より)
大寺の礎(いしずえ)残る野菊かな
(『子規句集』より)
チカラシバ(イネ科)
ミゾソバ(タデ科
見上げると…
横かる見ることができなかったので(・・?ですが…
エゾムシクイかな(・・?
ヤマガラにも会えました♪
朝ですが(^_-)

山雀や榧(かや)の老木(おいき)に寝にもどる
(『蕪村俳句集』より)
安全なキャンプのために」((社)日本キャンプ協会
手作りの豆腐を前に近づいて来る戦争の音をきいている
(『もしもし山崎放代ですが』より)
夏の歌ですが(^^ゞ

 砂川(すながは)や或(あるい)は蓼を流れ越す
(『蕪村俳句集』より)
シジュウカラ
いちじくに指の繃帯まいにち替ふ
(『夏みかん酸つぱしいまさら純潔など』より)
雲見れば雲に木見れば木に草にあな悲しみのかげ燃えわたる
(『若山牧水歌集』より)
コゲラにも会えました♪
夏の句ですが(^^ゞ

木啄(きつゝき)も庵(いほ)はやぶらず夏木立(なつこだち)

夏木立に囲まれた仏頂和尚(ぶっちょうおしょう)の旧庵を訪れた。
「寺つつき」の異名を持つ木啄もこの草庵だけはつつかず無事で,昔を偲ばせてくれた。
(『袖珍版 芭蕉全句』より)
またムシクイの仲間(エゾムシクイ?)に会えました♪
朝ご飯を見つけたようです(^v^)
モンシロチョウ(シロチョウ科
秋の蝶来そびれ風のものかげに
(『夏みかん酸つぱしいまさら純潔など』より)