2015年10月7日水曜日

空が高い(*^。^*)

風にはこばれるタンポポのわたげ」(動画)
夏みかん酢つぱしいまさら純潔など
(『夏みかん酢つぱしいまさら純潔など』より)
ガラス細工みたいなメリケンムグラ(アカネ科)
ベニシジミ(シジミチョウ科
 雀のあたたかさを握るはなしてやる
(『決定版 尾崎放哉全句集(旧版)』より)
今回は握っていませんが,9月に網にからまっていたスズメを放してあげました。
空が高い…
モンスズメバチの来る木は,人通りの多い場所ですが
刺されたという話は聞いたことがありません。
 はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀
(「はら」は繰り返しの「踊り字(くの字点)」)
(『子規句集』より)
 「ラグビー日本代表『桜』のロゴマーク」みたいなハナミズキの実(^_-)

気短に鵙(もず)(な)き立つる日和哉
(『子規句集』より)
物乞ふ家もなくなり山には雲
(『山頭火句集』より)
 キチョウ(シロチョウ科)
何事の心いそぎぞ秋の蝶
(『子規句集』より)
 ホシアサガオ(ヒルガオ科
ミミカケは子猫ではありませんが(^_-)

猫の子のくるくる舞(まひ)やちる木のは
(「くる」は「踊り字(くの字点)
(『一茶俳句集』より)
   ある時

蜻蛉(とんぼ)のはうでは
子どもを弄
(からか)つてゐるのであつた
よくみると
そしてあそんで
       ゐるのであつた


(『山村暮鳥全詩集』彌生書房 昭和39年)
ナツアカネ(トンボ科)
 (二たび病牀にて)
  おなじく

わたしが病んで
ねてゐると
蜻蛉(とんぼ)きてはのぞいてみた
のぞいてみた
朝に夕に
ときどきは昼日中も
きてはのぞいていつた

(『山村暮鳥全詩集』彌生書房 昭和39年)