2015年10月26日月曜日

穏やかな朝(*^_^*)

今朝の気温は低かったのですが,風がなく光りが溢れていました!(^^)!
野菊の歌ではないですが…

菊の簇(む)れ落葉をかぶり亂れ伏す
   杉田久女
(『現代日本文學全集91 現代俳句集』筑摩書房 昭和32年)
コムラサキ(クマツヅラ科
秋空に雲はない榾を割ってゐる
(『山頭火著作集Ⅱ この道をゆく』大山澄太編 潮文社 47年)

ほた【榾】(たき物にする)木の切れはし。ほだ。
(『新明解国語辞典 第四版』)

秋桜会ふ人とのみ思ひ来て
(『花句集』中村汀女 求龍堂 昭和58年)
恋初めコスモスの葉に月さして
(『しづ子』)
ツルソバ(タデ科)
一本道に見えた(^_-)

からむものがない蔓草の枯れてゐる
(『山頭火句集』)
サンシュユ(ミズキ科)
来年までトンボに会えないと思っていたのですが…
とんぼとまつたふたりのあひだに
(『山頭火著作集Ⅳ 草木塔(自選句集)』潮文社 昭和46年)

一人で歩いていましたが(^_-)
ノシメトンボかな(・・?
翅の表を写せなかった…
ムラサキシジミだと思うのですが…
「ガンバルゾ!」と(^v^)

八つ手の花白し行文ぎごちなく
(『しづ子』)

仲良く水浴びのはずが…
迷惑そうな顔(*^。^*)
本当は歩く姿の歌ですが…

いそがしさうな鳩の首だ
(『決定版尾崎放哉全句集(旧版)』)
みぞそばのこんなところに秋の汐
(『鈴木真砂女全句集』)

ツマグロヒョウモン♂(タテハチョウ科