2015年10月21日水曜日

夏のような暑さが続き…

起きたときは涼しいくらいですが…
どこからともなく雲が出て来て秋の雲
(『山頭火句集』)
コスモスの闇(やみ)にゆらげばわが少女(おとめ)天の戸に残る光を見つつ
(『日本の詩歌 8 斎藤茂吉』)
常にわがコスモスは彼の花圃(くわほ)の花
(『花句集』中村汀女 求龍堂 昭和58年)
ツルソバ(タデ科
歩いていると夏のような暑さに…
今年は桜の紅葉も期待できないのでは…
飛石に客すべる音す石蕗の花
(『漱石全集 第二十三巻』新書判 岩波書店
サンシュユ(ミズキ科
地に落ちていませんが(^_-)

からからと枯葉鳴りつつ低き木のわれをめぐれる野の日向かな
(『若山牧水歌集』)

すすきのひかりさえぎるものなし
(『山頭火句集』)
止まっているのは舗装された道ですが(^_-)

 枯草の日向の蝶々黄ろい蝶々
(『あの山越えて 山頭火行乞記』大山澄太編/潮文社 昭和44年)
ヤツデですが…
京都で出会ったアフロヘアの仏様を思い出した(^v^)
ピントを合わせられなかった(^^ゞ
キセキレイ
ちまちまとした海もちぬ石蕗(つは)の花
(『一茶俳句集』)
ちま「ちま」は踊り字
十三重塔に彫られた仏様ですが…

日ざかりのお地蔵さまの顔がにこにこ
(『山頭火句集』)

シジュウカラ
露出も
ピントも合っていないのですが…
キビタキかな(・・?
ミゾソバ(タデ科)