2015年10月10日土曜日

雲が空を覆って

寝不足で寝ボケてしまった(^_-)
スモモ(バラ科)の
原産国は中国で,日本へは奈良時代に伝来しました
旅の連れいつか変りて野菊濃し
(『花句集』 中村汀女 求龍堂 昭和58年より)
画像はモンスズメバチですが…
昨日,理学療法士のNさんとスズメバチの話をしていたら
Nさんがテレビでツマアカスズメバチが対馬を越えたと教えてくれました。
恐れていたことが現実になりました…
福岡県北九州市内でのツマアカスズメバチの営巣の確認」(環境省)
ツマアカスズメバチとは
非常に高い攻撃性を持つ。ミツバチを主食とする外来種」(蜂の研究室)
トキワハゼ(ゴマノハグサ科
ヒガンバナですが化けたのではありません(^_-)

あかあかとほほけて咲けるキツネバナ死んでしまえば死にっきりだよ
(『もしもし山崎放代ですが』より)
植物観察の楽しみ(ヤマボウシとハナミズキのお話から)
ハナミズキの花芽…
(しらみ)のにくさに捻(ひね)りつぶさんもいたわしく,
  又草に捨
(すて)て断食させんも見るに忍びざる折から,
  鬼の母に仏のあてがひ給ふこと思ふけるまゝに


我味(わがあぢ)の柘榴に這はす虱かな

鬼の母――鬼子母神。千人の子を産んだが,他人の子を奪って食したので,
仏は彼女の最愛の末子愛奴を隠し,これを戒めたという。
前書は,仏が鬼子母に人肉の代りに柘榴の実をあてがったという伝承による。
(『新訂 一茶俳句集』より)
秋ばらや音も立てずに過す日に
(『花句集』中村汀女 求龍堂より)
ホシアサガオ(ヒルガオ科
カシワバアジサイ(ユキノシタ科)
ヒメヒラタアブの仲間
遠くてピントを合わせる間もなく…(T_T)
コサメビタキ
今朝は,雲に太陽が隠されていました…
ミミカケは優しい人からご飯を貰っていますが(^_-)

餓えて鳴きよる猫に与へるものがない
(『あの山越えて 山頭火行乞記』潮文社新書 昭和44年刊より)
柿の実のあまきもありぬ柿の実のしぶきもありぬしぶきぞうまき
(『子規歌集』より 柿の書体が本と違います)
なんか機嫌悪そうに見える…
これから花を咲かせるのに気張っているのかな(^_-)
ヤツデ(ウコギ科)
新藁(しんわら)に紅(べに)やさしけれ赤のまま
(『花句集』中村汀女 求龍堂 昭和58年6月30日)
「赤のまま」(イヌタデ
イヌタデがこんなに背を伸ばしていました(*_*)
コサメビタキに似ていますが…
胸に縦斑が見えますので
エゾビタキ