2015年9月7日月曜日

雨の小休止の間に…

朝,雨が止んでくれていたので(*^^)v
シオカラトンボ
ヒガンバナ(ヒガンバナ科
 彼岸花さくふるさとはお墓のあるばかり
(『山頭火著作集Ⅳ 草木塔(自選句集)』潮文社/昭和46年刊行より)
キツネノマゴ(キツネノマゴ科) 達磨さんみたい(^v^)
オオニシキソウ(トウダイグサ科
 ウスバキトンボ(トンボ科)なんですが…
この子もなんかモタモタしていました(^u^)
ムギワラトンボ(シオカラトンボの雌または雄の未成熟)
この子も「デラレナイヨ…」なんて嘆いているみたい(^v^)
副性器のようなものが見られるので雄かな?
 コムラサキ(クマツヅラ科)
 足元へいつ来(きた)りしよ蝸牛(かたつぶり)
新訂 一茶俳句集』より)
(樹の上にいましたが(^_-)…)
ウスバキトンボはなかなか止まってくれないのですが,
雨が降った後だったからかな?
ヤマトシジミ♂(シジミチョウ科)
ヤマトシジミ
 古今和歌集 巻第十四 恋歌四 711
いで人は言のみぞよき月草のうつし心は色ことにして

いやはや,あの人は言葉だけは立派だ。露草で染めた衣が色が移りやすいように,移り気な本心は,はっきりと現れていて。
(『新版 古今和歌集』より)
ミミカケは張り子の猫ではありませんが(^_-)

はりぬきの猫もしる也(なり)今朝(けさ)の秋

張り子の猫が,点頭している。秋風のひんやりした感触で,秋が来たことを納得したものと見える。
(『袖珍版 芭蕉全句』より)

てんとう【点頭】うなずくこと。承知すること。
(『広辞苑 第六版』より)
のんびり屋さんで恥ずかしがり屋さんかな(・・?

  明治33年4月19日(湯さましのやうの器を造る)
蓮がたのうつはのへりに附けそへし蜻蛉(とんぼ)の尻を曲げて手となす
(『子規歌集』より)