2015年9月26日土曜日

彼岸までというけれど…

葉を全部食べられていたスモモ…
クイズ 植物入門』より

 植物は,葉で夜の長さを感じる
植物が夜の長さで季節の訪れを知る理由は,夜の長さの変化を感じていれば,
冬の寒さの到来を約二ヵ月前に予知できるからだ。
たとえば,夏至の日から夜は長くなり始め,もっとも冬らしく夜が長いのは12月下旬の冬至の日だ。
一方,もっとも寒いのは2月頃である。
つまり,夜の長さの変化は,気温の変化より約二ヵ月先行する。
だから,夜の長さで季節を知れば,冬の寒さがくるまでに,

ツボミをつくり花を咲かせ種をつくることができるのだ。
もう一つは,夜の長さは変動がないことも大きな理由になる。
気温の変化は,冷夏や暖冬など,必ずしも安定しない。
夜の長さなら間違いなく季節の変化を感じることができるのである。


睡眠不足になったスモモが花を咲かせたのです…
人間も睡眠不足は体調不良の原因ですよね!
マメアサガオ(ヒルガオ科)
   白骨温泉
山路なる野菊の茎の伸びすぎて踏まれつつ咲けりむらさきの花
(『若山牧水歌集』より)
ニラ(ユリ科)
ショウキズイセン(ヒガンバナ科)
静かに側を通り過ぎると攻撃してきません!
モンスズメバチ
シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科)〔サイトに寄って名前が違いますが(^_-)〕
今日は「彼岸明け
暑さ寒さも彼岸までといいますが,蒸し暑かったです(-_-;)
アゲハ(アゲハチョウ科)
日中暑くさても夜は涼しいので助かります(*^。^*)
 白萩(しらはぎ)を春わかちとるちぎり哉
(『蕪村俳句集』より)

与謝蕪村の墓は京都「佛日山 金福(ぶつにちさん こんぷく)寺」にあります。
ゾウムシの仲間かな(・・?
もっと熟れた無花果を写したいのですが…

手がとどくいちじくのうれざま
(『山頭火句集』より)
コサメビタキが花が咲いているのを見て不思議そう…(^v^)
ベニバスモモも葉を全部食べられてしまって,つい先日まで葉がなかった…
ホシアサガオ(ヒルガオ科)
キビタキに一瞬だけ会えました♪
ミミカケに久しぶりに会えました(^v^)
エゾビタキ
ふだんは慎ましいのですが,季節がくると自己主張しますねp(^-^)q

コサメビタキ
コナギ(ミズアオイ科)
ヒメジャノメ(タテハチョウ科  ジャノメチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン♂(タテハチョウ科