2015年9月23日水曜日

秋分の日というよりも夏日でしたね(^_^;)

今朝も日ざしが強かったです(^_^;)
ヤマトシジミ(シジミチョウ科
メリケンムグラ(アカネ科
マメアサガオ(ヒルガオ科
カニグモの仲間だと思います(・・?
ヨメナ(キク科)
皇居外苑ニュース 彼岸花が咲き始めました」(9月11日)

アゲハ(アゲハチョウ科)
ニラ(ユリ科)
巻第十四(雑歌) 3444
伎波都久(きはつく)の岡(*1)の茎韮(くくみら(*2)われ摘(つ)めど籠(こ)にものたなふ(*3)(せ)なと摘まさね(*4)

伎波都久の岡の茎韮を私は摘むのだけど,籠いっぱいにならない。――あの人といっしょにお摘みなさい。
(*1)茨城県真壁郡という。(*2)ニラ。(*3)「のた」はミタ(満)の訛りか。「なふ」は否定。(*4)末句は別者の唱和。
(『万葉集(三)』より)
 コムラサキ(クマツヅラ科)
 秋の草の吹かるるこの世惜しむなし
(『(鈴木)しづ子』より)
ショウキズイセン(ヒガンバナ科)
シロバナヒガンバナはヒガンバナの2倍体変種とショウキズイセンとの種間交雑種だそうです。


コサメビタキ
シロバナハギ(マメ科)
 萩に置く露の重きに病む身かな
(『漱石全集 第二十三巻』新書判 岩波書店より)
出会うと挨拶を交わすご夫婦の方が,
「昨日まで柚子の実があったのに…」と嘆いておられました。
「実が大きくなるのを楽しみにしていたのにな…」と
オンブバッタ(バッタ目オンブバッタ科
無花果の実を撮ろうとしたら高齢の男性が実を取っていたのでやめました。
この男性,Kazeが柚子の木を見上げていた時に
「何かあるんか?」と聞いてきた人で,
「柚子の実が誰かに取られたみたいです」と答えると
「フ~ン」といった様子で先を進んで行ったのです。
来年は,柚子の実も狙っているのか…?
アレチヌスビトハギ(マメ科)
野草のヌスビトは愛嬌のある顔ですが…
シジュウカラが数羽忙しそうに動き回っていました
この子はメスです。
朝ご飯を見つけたようです(*^。^*)
樹肌に潜んでいる虫を探していますp(^-^)q
シオカラトンボにしては色が濃いな…
大きいような…
オオシオカラトンボ(トンボ科)
スモモの花が咲いていました。
この木は,葉が全部と言っていいほど毛虫にやられていました。
今日は,「秋分の日」ですが,夏のような暑さでした(・_・;)