2015年9月20日日曜日

空が青い(*^。^*)

今朝も両親と一緒にリハビリ散歩ですp(^-^)q
生えて伸びて咲いてゐる幸福
(『山頭火句集』より)
メリケンムグラ(アカネ科
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
用心深そうな顔をしています(^_-)
ベニシジミ(シジミチョウ科
巻第二(挽歌) 221 柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそみひとまろ)
妻もあらば摘(つ)みて食(た)げまし沙弥(さみ)の山野(の)の上(うへ)のうはぎ過ぎにけらずや

妻がもしそばにいたら,一緒に摘んで食べもしようものを,沙弥の山の野の上のうはぎは,盛りが過ぎたではないか。
▽「うはぎ」は嫁菜。春,若芽を摘んで食用とした。その「うはぎ」の盛りも既に過ぎたではないかと,妻に看取られることなく孤独に死を迎えた死者を思う。
(『万葉集(一)』より)

まことお彼岸入りの彼岸花
(『山頭火句集』より)
雲ひとつない青空(*^O^*)/
ショウキズイセン(ヒガンバナ科)

シロバナヒガンバナ(ヒガンバナ科)
オシロイバナのパラシュート
キジバト
ピントも露出も(^^ゞ
コサメビタキかな(・・?
 ウメモドキ(モチノキ科
キンエノコロ(イネ科)
またもや露出とピントが(^^ゞ
コゲラ
またまた……(-_-;)
ムシクイの仲間だと思うのですが…
夏眠」から目覚めて活動再開p(^-^)q
ナミテントウ(斑紋型)
ナミテントウ(四紋型)
オンブバッタ(ちなみに上の子が♂,おんぶしている子は♀)
久しぶりにミミカケと朝の挨拶をしました(^v^)
子豚かな小象かな…それとも(・・?
    

ひかりとあそびたい
わらつたり
哭いたり
つきとばしあつたりしてあそびたい

(『八木重吉全詩集 2』より)
(このような画像は,コンデジでファインダーを覗かずに写しています)
なんかかしこまっていますね(^_-)
その繁殖力の強さでアメリカではかなり厄介者扱いになっているようですが
クズやヤブカラシについて皿倉山ビジターセンター「植物談義  第5話」
 (昭和18年)午後三時ごろから出征兵士のぎっしり乗りこんだ汽車が次々と大陸に出発してゆくのを品川駅のホームに見送った。
夕暮れになるまで,ただそこに居るだけで満足して祈る思いで佇んでいたが,生後五ヶ月の修大の顔が手に触れるとしんと冷えきってしまっていた。
北支派遣軍衣第四二九四部隊出野隊より,華北に渡った夫から最初の軍事郵便が届いたのは,北浦和の秋もすっかり深まった頃であった。

葛さくや父母は見ずて征果てむ
(『波郷句自解』「波郷句鑑賞 石田あき子」より)

これから自衛隊員の家族はどんな思いで見送るのでしょうか?
命令する方は,安全な弾の飛んでこない所で
激励の言葉を送るだけでしょうが…
自衛隊員が亡くなれば名誉の勲章を与えるのでしょうね。
戦時中のように英霊として靖国神社に祀るのでしょうね。
「駆け付け警護」や,外国軍隊とともに,武器を使用して宿営地を防護する任務