2015年9月19日土曜日

今日から…(^v^)

今朝も気持ちのいい青空が見られました!(^^)!
今日から連休と言う方も多いでしょうね(*^。^*)
Kazeは,毎日,日曜日ですが(^^ゞ
マメアサガオ(ヒルガオ科
ヤマトシジミ(シジミチョウ科
ヨメナ(キク科)

なでしこの暑さをわするゝ野菊かな

野菊が咲きだした。ついこの間まで撫子(なでしこ)が咲いていたと思うのに,
もうそのころの暑さを忘れてしまうほど,可憐で,清楚な野菊だ。
(『袖珍版 芭蕉全句』より)
ニホンカナヘビ(爬虫類)が
いいだろうと得意げな顔でいました(^v^)
朝ですが(^_-)

曼珠沙華のみ眼に燃えて野分夕空し
(『山頭火句集』より)

古代米の所は,網がないので(^_-)
アメリカアサガオ(ヒルガオ科)


ヒガンバナ(ヒガンバナ科)
イヌタデ(タデ科

三径(さんけい)の十歩に尽(つき)きて蓼(たで)の花

三径――隠者の庭中の小道。
(『蕪村俳句集』より)

ハナミズキ(ミズキ科
キンエノコロ(イネ科)
古庭(ふるには)の萩も芒(すすき)も芽をふきぬ病(やまひ)(い)ゆべき時は来にけり
(『子規歌集』より)
今日は正岡子規の命日(1902年9月19日/34歳),「糸瓜忌(へちまき)

倫敦にて子規の訃を聞きて
手向くべき線香もなくて暮の秋
(『漱石全集 第二十三巻』新書判/岩波書店より)
キリ(ゴマノハグサ科)
    

蟻のごとく
ふわふわふわ とゆくべきか
おほいなる蟻はかるくゆく

(『八木重吉全詩集 2』より)

クズ(マメ科)
いくらでも生えているのに花にはなかなか巡り会えませんでした……

ガマズミ(スイカズラ科)
コムラサキ(クマツヅラ科)
キチョウ(シロチョウ科)
アキノノゲシ(キク科)
ナツアカネ(トンボ科)かな(・・?

(ある時)
  おなじく

あたまのうへは
とつても澄んだ蒼空である
まあ,御覧
あのあをぞらが
蜻蛉を
一ぴきながしてゐる

(『山村暮鳥全詩集』彌生書房(昭和39年)より)