2015年9月30日水曜日

曇り空から青空へ!(^^)!

出かけた時は曇り空でしたが…
メリケンムグラ(アカネ科)
公園に着くのはいつも8時前なのですが…
まだ起きていません(^v^)
マメアサガオ(ヒルガオ科
ベニシジミ(シジミチョウ科)が休んでいたのは…
イヌマキ(マキ科)
どちらかが有毒ですよ
文部省唱歌 野菊
ヤマトシジミ(シジミチョウ科)
ミゾソバ
オンブバッタは葉の上で一休み(・・?
タデ科です(*^O^*)/
コサギ
青空が見えてきました!(^^)!
モンスズメバチ
ショウキズイセン(ヒガンバナ科)
ヒガンバナ
シロバナヒガンバナ
1年に食べる虫は12万5千匹 大食漢のシジュウカラ
キバナコスモス(キク科)
 ヤブラン(ユリ科
コサメビタキ(近年数が減っているそうです
彼の時の君が記念の銀杏一葉栞となして書にはさめる
(『岸上大作全集』思潮社1980年より/絶版)
この四五年,
空を仰ぐといふことが一度もなかりき。
かうもなるものか?

(『日本の詩歌 5 石川啄木』より)
スズメバチが巣を作っているので立ち入り禁止です。
意識しないと見過ごすような小さな実
コミカンソウ(トウダイグサ科
遠くて暗かったな…(T_T)
カワセミも遠くて逆光でした(T_T)

古事記上巻に八千矛神(やちほこのかみ(大国主命の一名))が,
越国(こしのくに)の沼河比売(ぬなかひめ)と結婚しようとしたときの歌のなかに

そにどりの 青き御衣(みけし)を
まつぶさに 取りよそひ

(翡翠(かわせみ)色の)青いお衣装を
ぴったりと お召しになり

そにどり…翡翠(かわせみ)の異名。羽の色が青いので,「青」に懸る枕詞となる。
(『古事記』新潮社版・『新版 古事記』角川ソフィア文庫より)
一日物云はず蝶の影さす
(『決定版 尾崎放哉全句集(旧版)』より)
コサメビタキに再会しました♪
(うれ)ひある少年の眼に羨(うらや)みき
小鳥の飛ぶを
飛びてうたふを

(『日本の詩歌 5 石川啄木』より)
再会できました♪


エナガ
やっと眼が覚めたようです(^v^)
アキノノゲシ(キク科)

2015年9月29日火曜日

爽やかな朝(*^。^*)

朝の歌ではありませんが(^_-)

湯壺から首丈出せば野菊哉
(『漱石全集 第二十三巻』新書判/岩波書店より)
久しぶりに会えました♪
アオイトトンボ(アオイトトンボ科
ニラを写そうとした止まっていました!(^^)!
曼珠沙華

歯をくいしばって
がまんをしたんだよ
泣くにも
泣けなかったんだよ
弟のわたしが
いっしょだったから
曼珠沙華の花に
きている
蝶をみていると
 涙こらえた
 少年の日の
 兄の姿が眼に
  うかぶ

(『いちずに一本道 いちずに一ッ事』より)
    雲

あかるい空に
雲がちらばってゐる
みてゐると
心が たかまってきて
雲よ そのまま消えよといふ

(『八木重吉全詩集 2』より)
萩が径へまでたまたま人の来る
(『山頭火句集』より)
今朝は,湿度も低く爽やかな空気です(*^O^*)/
シジュウカラ
ジ~ッとしてくれません(^_^;)
こんなに小さい小鳥がアジア北部の森林とヒマラヤ地方に住んでいて
海を渡ってやってくるのです(゜o゜)
小鳥来る音うれしさよ板びさし
(『蕪村俳句集』より)
コサメビタキ
あたたかき飯を子に盛り古飯に湯をかけ給ふ母の白髪(しらがみ)
(『日本の詩歌 5 石川啄木』より)
蝶よかのたむろなす花までは行け
(『(鈴木)しづ子』より)