2015年8月30日日曜日

秋雨前線が…

蓮葉な稼業に慣れず汗疹かな
(『俳句で綴る  変哲半生記』より)
シオカラトンボ
コバネイナゴが乗っている網は,雀除け。
稲に変身中の…
こちたかる丹塗(にぬり)の箱の後ろより蟷螂(たうらう)いでぬ役者のやうに
(『与謝野晶子歌集』より)
[蟷螂(とうろう):カマキリ]
チョウセンカマキリのようです(*^_^*)
雨の日には…
でで虫の隠れ家を知る子のヒミツ
(『俳句で綴る  変哲半生記』より)
藤の花が…二度咲きでなく三度咲き(?_?)
セイヨウボダイジュの実が引きとめられていました(^v^)
アメリカアサガオ(ヒルガオ科
秋雨前線かな(・・?
今朝は,早朝から大雨が降っていて
リハビリ散歩の時には止んでくれました(*^^)v
気温は低くなりましたが…湿度が高くて蒸し暑かったです(・_・;)
オンブバッタがお気に入りの場所に(^v^)
ひょうきんな顔をしていますが,食草は…

サルスベリ(ミソハギ科)

万葉集巻第十二(寄物陳思)3059
(もも)に千(ち)に人は言ふとも月草のうつろふ心我(われ)持ためやも

さまざまに人は言い寄って来ても,(月草の)色移る浮気心など私は持つでしょうか。
(『万葉集(三)』より)
アオモンイトトンボ(イトトンボ科

万葉集巻第十四(相聞)3354 
寸戸人(きへひと)のまだら衾(ぶすま)に綿(わた)さはだ入りなましもの妹(いも)が小床(をどこ)

寸戸の人のまだらの夜具には真綿がたくさん入っているが,その綿のように入っていたかったなあ,あなたの寝床に。
(『万葉集(四)』より)