2015年8月31日月曜日

もう・・・・・(?_?)

 ひるがほの花の色する肘(ひぢ)まげて仮寐(かりね)する間(ま)も忘れぬものを
(『与謝野晶子歌集』より)
昨日は気がつかなかったけど…
もうリンゴ(バラ科)の花が咲いている(4月に咲いていたのに)…
前から気になっていたのですが,リンゴの葉がかなり虫(病気?)にやられていた…

植物たちは,あてにできない気温よりも,毎年狂わない昼と夜の長さの変化を,季節の訪れの目印にしているのです.

そのセンサーの役割をしているのが葉なのです。
葉がやられてしまったので咲いたのかな(・・?
ツバメシジミ(シジミチョウ科
センニンソウ(キンポウゲ科
蓮の葉の上ですが「クモの糸」効果(^_-)
こちらは「ロータス効果
今朝は,小雨が降っていましたが,歩くのに困るほどではありませんでしたp(^-^)q
シオカラトンボ
こちらも♂のようです。
ショウジョウトンボ
タンボコオロギ♀(コオロギ科)
キツネノマゴ(キツネノマゴ科)
モンスズメバチ
アメリカアサガオ(ヒルガオ科
コクチナシ(アカネ科)もこの時期ではないとおもうのですが…
ショウジョウトンボ
オンブバッタ(オンブバッタ科
長い間咲いているフジウツギ(フジウツギ科)
自分の体より狭い花や,自分の舌よりも深い花では,しばしば花の横から穴を開けて蜜だけを盗む「盗蜜」がおこなわれる。
中にはクマバチのように,体が大きく舌が短いためほとんど盗蜜にたよっている種類もいる。
盗蜜するときハチは雄しべ・雌しべに触らないので,花は受粉できずに蜜を採られ損になってしまう。

(『虫のおもしろ私生活』より)
ミミカケが「雨がよく降る…」と訴えていました(^v^)
ヤエヤマブキ(バラ科)も季節外れに咲いています…
(葉が虫や病気にやられていないのですが)
なんか久しぶりにカマキリに会えました♪

 蟷螂の何を以てか立腹す
(『漱石全集 第二十三巻』新書判 岩波書店より)
岩波文庫から『漱石俳句集』が出ています。

2015年8月30日日曜日

秋雨前線が…

蓮葉な稼業に慣れず汗疹かな
(『俳句で綴る  変哲半生記』より)
シオカラトンボ
コバネイナゴが乗っている網は,雀除け。
稲に変身中の…
こちたかる丹塗(にぬり)の箱の後ろより蟷螂(たうらう)いでぬ役者のやうに
(『与謝野晶子歌集』より)
[蟷螂(とうろう):カマキリ]
チョウセンカマキリのようです(*^_^*)
雨の日には…
でで虫の隠れ家を知る子のヒミツ
(『俳句で綴る  変哲半生記』より)
藤の花が…二度咲きでなく三度咲き(?_?)
セイヨウボダイジュの実が引きとめられていました(^v^)
アメリカアサガオ(ヒルガオ科
秋雨前線かな(・・?
今朝は,早朝から大雨が降っていて
リハビリ散歩の時には止んでくれました(*^^)v
気温は低くなりましたが…湿度が高くて蒸し暑かったです(・_・;)
オンブバッタがお気に入りの場所に(^v^)
ひょうきんな顔をしていますが,食草は…

サルスベリ(ミソハギ科)

万葉集巻第十二(寄物陳思)3059
(もも)に千(ち)に人は言ふとも月草のうつろふ心我(われ)持ためやも

さまざまに人は言い寄って来ても,(月草の)色移る浮気心など私は持つでしょうか。
(『万葉集(三)』より)
アオモンイトトンボ(イトトンボ科

万葉集巻第十四(相聞)3354 
寸戸人(きへひと)のまだら衾(ぶすま)に綿(わた)さはだ入りなましもの妹(いも)が小床(をどこ)

寸戸の人のまだらの夜具には真綿がたくさん入っているが,その綿のように入っていたかったなあ,あなたの寝床に。
(『万葉集(四)』より)

2015年8月29日土曜日

しだいに…

メリケンムグラ(アカネ科)の花の下に…
悪さをして怒られているみたい(^v^)
追記)子どもの時に興奮してみた東映まんが映画『西遊記』
猪八戒(ちょ はっかい)を思い出した(^v^)
ヤブガラシ(ブドウ科)
ショウリョウバッタ(バッタ科
「きちきちばった」という歌があるんですね♪
歌詞
メロディー
センニンソウ(キンポウゲ科)
ワタ(アオイ科)
大阪府熊取町 水ナスと織物のまち」(動画)
蓮を写そうとするとスズメバチが現れた(*_*)

蓮咲くや不忍極楽池となる
(『俳句で綴る  変哲半生記』小沢昭一著より)
赤くなってきました(成熟)
ショウジョウトンボ(トンボ科)
朝早く降ったようですが,止んでくれました(*^_^*)
両親とは別行動ですが,一緒に公園にほぼ毎日来ています(*^^)v
エノキの実(ニレ科)
アメリカアサガオ(ヒルガオ科
モンスズメバチ
 万葉集巻第六(雑歌)982
ぬばたまの夜霧(よぎり)の立ちておほほしく照れる月夜(つくよ)の見れば悲しさ 
                 大伴坂上郎女(おほとものさかのうへのいらつめ)

(ぬばたまの)夜の霧が立って,ぼんやりと照っている月を見ると悲しいことだ。
▽月を見て悲しむ歌は平安時代には普通に見られるが,万葉集ではこの一例のみ。
(『万葉集(二)』より)

ヌバタマの今名はヒオウギ,漢名は射干で,花後の黒い種子を指して,そう呼ばれる。
ヌバタマのヌバは黒色を表す最も古い語とされ,「夜」「闇(やみ)」「夕」「黒」「髪」などの枕詞に使われている。
枕詞の「むば玉の」「うば玉の」とあるのも「ぬば玉」と同じである。
(『古典植物辞典』より)
ベニシジミ(シジミチョウ科
原発事故の生物への影響をチョウで調査する」(琉球大学)についていろいろ批判がありましたが
福島第一原発周辺のモミに異常」というニュースがありました。
原発再稼働について不都合な真実は隠そうとしますよね…
3・11大震災シリーズ 2つの“マル秘”と再稼働 国はなぜ原発事故試算を隠したのか?
トキワハゼ(ゴマノハグサ科)
成熟したショウジョウトンボ♂
オンブバッタ

シオカラトンボ(トンボ科
とんぼうの首をかしげて何思ふ
(『俳句で綴る  変哲半生記』より)
睡蓮(スイレン科
ミミカケ(耳欠け)は,暑さを避けていつもより藪の中でした(^v^)
 しだいに黒い雲が空を覆い始めました…
昨日の子よりも成長した
ニホンカナヘビ
公園の掲示板には「アベリア」になっていますが別名ハナツクバネウツギ(スイカズラ科
ツマグロヒョウモン♀(タテハチョウ科
空が暗くなり,公園を出て帰る途中で大雨になりました…