2015年7月7日火曜日

七夕に雨ですが…

今日は「七夕」なんですが…

かささぎのはし【鵲の橋】
①[白孔六帖鵲部,注「烏鵲河を塡(うず)め橋と成し織女を度(わた)らしむ」]
陰暦七月七日の夜,牽牛星と織女星とを会わせるため,鵲が翼を並べて天の河に渡すという想像上の橋。烏鵲橋(うじゃくきょう)。鵲橋。<[季]秋>。
②(宮中を天上に見立てて)宮中の御階(みはし)。
新古今冬「鵲の渡せる橋に置く霜の」
(『広辞苑 第六版』より)

「鵲の渡せる橋に置く霜の」の下の句は,「白きを見れば 夜ぞふけにける
都会では,この日雨が降ると,二つの星が会えないと言っているが,
地方では雨が三粒でも降ることになっていて,ことに七夕雨と言って,
短冊が流れるほど降る方がよいと言う地方もある.
(『基本季語五00選』より)
七夕と天の川」(動画)
そして今日は
しょうしょ【小暑】
二十四節気の一つ。
太陽の黄経が105度に達する時で,六月の節(せつ)。
太陽暦の七月七日頃に当たり,この日から暑気に入る。→大暑
(『広辞苑 第六版』より)
今は,梅雨なので雨が降るのは当然なのですが…
ムクゲ(アオイ科

コムラサキ(クマツヅラ科)
アリがいっぱいいるなと思ったら…
アリとアブラムシ」(動画)
ノカンゾウ(ユリ科
ほぼ毎日見ているのだけど…
雨にぬれて,穏やかな顔が浮かびあがっていましたp(^-^)q
エゾミソハギ(ミソハギ科)
アオモンイトトンボ(イトトンボ科
大きな水枕をしているみたい(^v^)
 一瞬,アレチヌスビトハギのように目があるのかなと思った(^v^)
ハギ(マメ科
ハルジオン(キク科)に
ベニシジミ(シジミチョウ科
コヒルガオ(ヒルガオ科)
オシロイバナ(オシロイバナ科
ハマナス(バラ科)
バラを写そうとしたら…
 トノサマガエル(両生類)がいました(^v^)

ソバ(タデ科
写そうとかがんだらいい香り(*^^)v
マルバハッカ(シソ科)
ツバメシジミ(シジミチョウ科
フジ(マメ科
五月の平等院の藤は見事です(*^^)v
広場のヒナゲシ(ケシ科)は植えかえで除草されてしまいましたが…
モンシロチョウ(シロチョウ科
ヒルガオ(ヒルガオ科