2015年5月31日日曜日

雨が降らなかったんだ…

昨日の天気予報では,夜に雨が降り,朝方には止むはずだったのですが…
除草した後の草が乾いていました…
麦畑は,昨日刈られたのでスズメが(^_-)
でも,ちゃんと朝ご飯を見つけていましたp(^-^)q
薄曇りで時々日がさしました
フタホシヒラタアブかな?
ハンゲショウ(ドクダミ科
シオカラトンボ(トンボ科)のカップル
メスの仕草を見ていると面白いですね(^v^)
トンボの産卵」(動画)
これは泡ではなくて幼虫(アワフキムシ科)がいるのです。
この泡は見た目以上に強いのですよ。たとえばシロオビアワフキの場合

アンモニアを含む排せつ液と腹部から分泌したロウ(脂肪酸を含む)に空気を混ぜて,泡の隠れ家を作る。
普通,捕食者はこの泡の中に入れない。
おもしろいことに欧米ではカッコウが鳴く季節にアワフキムシ類の泡がよく見られるので,これをcuckoo spit(カッコウのつば)と呼んでいる。
(『野外観察ハンドブック 校庭の昆虫』より) 
ニワゼキショウ(アヤメ科
タイサンボク(モクレン科
ガクアジサイ(アジサイ科
コミスジ(タテハチョウ科

コジャノメかな?(タテハチョウ科 ・ジャノメチョウ亜科)
キキョウソウ(キキョウ科
ザクロ
昨日まで無かったな…
巣立ちが近づいてくると特にハシブトガラスは神経質になり
巣の近くや縄張り内に人がいるだけで警戒態勢に入る。
カラスが突然襲ってくるような事はなく事前にシグナルを出している。
(「NPO法人札幌カラス研究会」)
警告のシグナルを出しているのに見ていると
いよいよ攻撃態勢になります…
カラスの知恵」(動画)




アオモンイトトンボ(イトトンボ科)のカップル

産卵の様子は「イトトンボ 水中の産卵」(動画)
ちょっとしたバトルがありました…
シオカラトンボ(トンボ科)に似ていますが…オオシオカラトンボかな?
普段,飛びまわっているのですが…風が強かったので一瞬だけ止まっていました
コシアキトンボ
ナンテン(メギ科
ネムノキ(マメ科

2015年5月30日土曜日

そろそろ雨がほしいのですが…

今朝も暑い一日が始まりました…
モンシロチョウ(シロチョウ科

たまごをうむモンシロチョウ」(動画)

アカタテハ
アンズの実


ヒメヒラタアブの仲間
アカタテハと違いますね
ヒメアカタテハ(タテハチョウ科

キキョウソウ
オオニワゼキショウ
もう4年ほど来園しているのに今年,初めて気がついた…
フェイジョアフトモモ科
ニワゼキショウ(アヤメ科ニワゼキショウ属
ヒメハナバチの仲間


アオモンイトトンボ(イトトンボ科
風が吹くと気持ちいいp(^-^)q
オリヅルラン(ユリ科)かな?

ショウジョウトンボ

シオカラトンボ
田畑の世話をしているスタッフの方に
「スズメは賢いですね…食べごろになるまで待って食べているんですね」と
声をかけると「小麦は食べるのだけど,大麦はほとんど食べないから不思議です」と…
スズメは,大麦と小麦の違いが分かるのかな…(・・?